« 今週日曜のBS朝日の番組で当店が特集されます | トップページ | 投票に行こう! »

2011年3月27日 (日)

水道水への放射性物質の混入で思うこと

少し前、ネットのニュースで、天皇陛下が計画停電の第一グループのスケジュールにあわせて自主停電されていることを知りました。厚着着て頑張っていらっしゃるとか。今まで生きてきて、一番天皇陛下を身近に感じた気がしました。

今日は水道水への放射性物質の混入の話。

当店は川崎市の水道水を使って珈琲を抽出していますので、危険な状態や曖昧な状態の水道水を使って営業することは出来ません。乳児の暫定指標値を上回った段階で、影響が無くなるまで休業するしかないでしょう。

毎日、川崎市上下水道局の発表に注意しています。

しかし福島原発の対応は酷すぎる。私は初期対応時の判断ミスだと勘ぐっているのですが、内閣にしろ東電にしろ、今だに全く反省が無い。反省は現場対応を進めながらでも出来るはずだし、記憶が新しいうちに行うべきだ。
ただでさえ、設計寿命が尽きる寸前の炉であるにも関わらず、廃炉前提に事を進める判断が出来なかったような人々なのだ。今回どこで判断を誤ったのか、今後どうすれば同じような判断ミスを犯さないで済むのか、早く明確にしないと危険なのではないでしょうか。犯人探しをしたいわけではなく、次に事が起こったときの備えとして。

しかし、自発的に反省できないところは、民主党政権も東電もそっくり。参院選大敗後、民主党の枝野幹事長(当時)は「総選挙後まで振り返って総括することが必要」と言っていたのに、そのような総括が行われたという話は未だに聞かない。反省しないと前に進めないことが分かっていても反省出来ない。駄目な組織の典型だと思う。なんでこんなに駄目なのだろう。知能指数の問題ではなさそうだから、倫理感の問題なのだろうと私は認識しているのだが。

|

« 今週日曜のBS朝日の番組で当店が特集されます | トップページ | 投票に行こう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週日曜のBS朝日の番組で当店が特集されます | トップページ | 投票に行こう! »