« ブログ始めました | トップページ | 星野道夫さんの写真集 »

2007年9月 1日 (土)

焙煎豆の炭酸ガス放出

しばしば、焙煎豆は炭酸ガスを放出するので密封できない云々と言います。
当店の珈琲豆販売も、ワンウェイバルブという炭酸ガス放出用のバルブがついた袋を使用しています。

では、焙煎直後の豆を密封したらどうなるだろう、ということで、実験してみました。
ちょっと見難いですが、下の写真は焙煎直後のマンデリン100gをガスバリア性のある透明袋に入れ密封し、常温で1日経過したところです。既に、袋はパンパンに膨れて風船のようです。

もっと大きな袋に入れておけば、この後数日の経過もお伝えできたのですが、今回の袋ではこのあたりまでが限界。続きはまた別の機会に!

Sh531018

|

« ブログ始めました | トップページ | 星野道夫さんの写真集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447220/7761508

この記事へのトラックバック一覧です: 焙煎豆の炭酸ガス放出:

« ブログ始めました | トップページ | 星野道夫さんの写真集 »